プレイ日記

【ボードゲームプレイ】サンダーバード 協力して世界を救おう

サンダーバード プレイ画像

 

サンダーバードを友人とプレイしましたので紹介します。

今回は拡張を2個入りでプレイしていますが、キャラクターのレベルアップのオプションは使っていません。

サンダーバードの紹介は以下のところ

【ボードゲーム紹介】サンダーバード 結構本格的な協力ゲーム

【ボードゲーム紹介】サンダーバード拡張 より歯ごたえのある協力ゲームへ

ゲームの設定

マニュアルにはランダムにと書いてありますが、一応キャラクターを選んで始めることにしました。選んだキャラクターは以下の通りです。

  • ① HTさん アラン
  • ② ジェームズ ミンミン
  • ③ HRさん スコット
  • ④ TMさん パーカー

サンダーバード プレイヤーの選択したキャラクター

 

レベルは標準(NORMAL)モードで。

ゲームプレイ

序盤

最初は宇宙でのレスキューが続いてアランが活躍します。

割と順調に救助は進んでいきます。

順調で、大体皆さん自分のターンで1個は災害を解決するのですが、たまたまジェームズの所でどうやっても解決するカードがないという状況に陥りました。

全く歯が立たない訳ではなく、一応さいころのロールで2個の目を合わせて6以上であればクリアできます(確率41.7%)。

サンダーバード アバター ミンミンの画像
James
やることないし、できればめっけものだし、1回やってみるかな。
ええー。フッドが出たらまずいでしょう(確率30.6%)。ここはおとなしくパスで。
サンダーバード アバター スコットの画像
HR
いいじゃないの。まだ余裕あるし。
サンダーバード アバター アランの画像
HT
サンダーバード アバター ミンミンの画像
James
じゃあ、やるね!!

サンダーバード Jamesが振ったダイス2回目

「2」「フッド」

おい!
サンダーバード アバター スコットの画像
HR
まあ、2回はないだろう...
サンダーバード アバター アランの画像
HT
サンダーバード アバター ミンミンの画像
James
じゃあお言葉に甘えてもう1回!

サンダーバード Jamesが振ったダイスの目2回目

「3」「フッド」

おいおい!
サンダーバード アバター スコットの画像
HR
サンダーバード アバター ミンミンの画像
James
てへ。

いやー、フッドトラックが余裕があるときでよかった。(^_^;)

中盤

救助は順調に行くものの宇宙救助が多いこともあって、災害カードはじりじりと溜まっていきます。とは言え、「次俺できる。」「次の次は俺だ。」と言うことで、順に割り振ることが可能で、そんなに危機感はなく進めて行きました。あの時点までは。。。。

災害カードがレベル7に来ていて、このターンでこのカードを処理しないと敗北ですが、カードは3個くらい先まで順に処理できる予測が立っているので、みな結構ゆったりとした感じで進めていました。

このターンのレベル7の災害カードにはアランとサンダーバード1号のボーナスが有り、手番のアラン(HT)が救助アクションを行えばまあ大丈夫だろうという認識。

で、よくよくカードを見ると、「アランがサンダーバード5号に居る時+2」、で、救助の場所は北大西洋。つまり、アランが救助に行くと、アランのボーナスはなくなって、大きな目を出さないといけない。

サンダーバード ゲームオーバーになりかけた時の災害カード

 

うーん、これは詰んだか。。。みな鳩首して何かいい手は無いかと考える。そこで一案。

アランはサンダーバード5号に行って。「SCAN」のアクションを行う。これ標準のアクションの1つで、災害カードを1スペース右にずらして破局までのターンを伸ばすアクションで、ずらすカードの右側に空きがないと使えません。まあ、宇宙ステーションにはそうそう行かないから使えないアクションと言う認識だったのですが、まさかこんなところで出番が来るとは。

アランがSCANで1ターンの余裕を持たせ、次のプレイヤーが災害を解決すれば、アランの+2ボーナスは使用できます。

と言うわけで、次のミンミン(James)のダイスに運命が託されました。アランの+2ボーナスにより必要な目は4となりました。移動が2回必要なため1回だけのチャレンジになりましたがまあ楽勝でしょう(確率72%)😙。振り直しのボーナストークンも1個あるし。。。。で、出た目が。

サンダーバード Jamesが振ったダイス3回目

「1」「1」

サンダーバード アバター スコットの画像
HR
おい!

いや~。本日のダイス運はひどいねえ😭。これ最悪に近い出目だわ。振り直しはダイスどちらか1個だから、3以上を出さねばならない(確率50%)。

今日のダイス運だと50%は相当危ない。困って何とかならないか考える。でちょっとマンチキンだけどひらめいた。

まず、F.A.B.カードが引けるボーナストークンを使用して、F.A.B.カードを引いてみる(このタイミングで使えるかちょっと自信がないが)。

F.A.B.カードの内容は「ボーナストークン3個を任意の種類の同じ数のトークンと交換する。

やったね。このタイミングで最高のカード。これを使用して1個のボーナストークンを+2のボーナストークンに変えて使用。これにより、ダイス2+ボーナストークン(+2)=4となり何とかクリア。

終盤、感想

これがこのゲーム最大の危機であった。その後は結構サクサクと進み。最後のフッドの3枚目の陰謀カードをクリアして、勝利で終了。

いやいや最初は順調だったけど、中盤で結構やばかった。あのポイント以外結構うまく回ったので、もう少し上のレベルにも行けるかな。

でも、皆でワイワイやるゲームはやっぱり面白いね。協力ゲームだけれどこのシステムだと奉行問題は殆どないし。もっと上のレベルにチャレンジしてまたやってみたくなる今回のゲームでした。

-プレイ日記
-

Copyright© ジェームズのボドゲ好き , 2020 All Rights Reserved.