プレイ日記

【ボードゲームプレイ】ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ 表紙

sherrylf70 / Pixabay

 

ローカルのゲーム会で A Game of Thrones をプレイしましたので紹介したいと思います。

A Game of Thrones のゲーム紹介はこちら。

【ボードゲーム紹介】ゲーム・オブ・スローンズ 緊迫した戦い

この日は、2回プレイしました。

1回目は皆さんファーストプレイでしたが、ちょっとあっけない感じでバラシオン家のRYさんにに7エリアを取られてしまいました。5エリア取られた時にまずいと思ったのですが、攻撃態勢を1ターン整えている間に逃げ切られてしまいました。

今回紹介するのは2回目のプレイです。時間切れで10ターンまで行かずに勝敗を決めたのですが、みなさん大分こなれてきて結構すごい戦いになっています。

セットアップ

プレイヤーと家の配役は以下の通り。

  • スターク家:TMさん
  • グレイジョイ家:HRさん
  • ラニスター家:TIさん
  • タイレル家:James
  • マーテル家:RYさん
  • バラシオン家:JGさん

ゲーム・オブ・スローンズ ボード開始時

 

タイレル家は南西の端、他家からのプレッシャーは比較的弱いが、資源的にも弱い土地であり、最初の宮廷トラックが6番目で特別アクションが使えないため、兵を増やすことが難しい位置取り。やはり兵力を増やさないことには攻めていけません。

Jamesのアイキャッチ
James
最初の数ターンは引きこもって力をつけることに勤しむしかないかな。

プレイ開始~序盤

タイレル家(James)はマーテル家とゴネゴネ

プレイ開始。タイレル家(James)はラニスター家(TI)の方角にあまり魅力のある土地がないため、マーテル家(RY)の方に拡大していくしかない。

ということでまずマーテル家と境界線交渉。ごねごねしいながらなんとか王冠の取れるエリアを自分のものに。とにかく王冠が4個ないと話にならない。なんとか力をためて早くバラシオン家に突撃したい。

盤上他の家の状況は、スターク家はまわりに居ないけれど痩せた土地をちまちま広げ、バラシオン家は悠々と肥沃な土地に広がって行き、王室領(King's Landing)を取りアリンの居城(The Eyrie)をうかがう勢い。

ゲーム・オブ・スローンズ ボード序盤

 

ラニスター家はグレイジョイ家と混戦

で、ほんとに近いラニスター家とグレイジョイ家は境界値線の交渉中。

Jamesのアイキャッチ
James
え、ラニスター家はそんなところを取らせて良いのかな。

ラニスター家は近くの良エリアを取らせる代わりにグレイジョイ家の向こう側のエリアを取るという変則的な展開に。

しかし、当然そんな平和は長く続かない。すぐにラニスター家とグレイジョイ家はエリアを取ったり取られたりの展開に。

Jamesのアイキャッチ
James
そう、君らは争うしかないのだよ。

ラニスター家が取ったグレイジョイ家の向こう側の土地はやはり変則的で守りにくい。海をグレイジョイ家に取られてしまうと退却もできないので、何度も全滅する憂き目に。

とは言え、ラニスター家に近い土地もグレイジョイ家にはやはり守り切れない。両者は泥沼の展開にはまっていった。

スターク家はグレイジョイ家の方に向かわずに海を通ってバラシオン家の方へ。とは言え飛び道具であり、ちょっと迫力はない。

私の方は、とにかく兵が増えないので辛い。3ターン目で3体の陸上ユニットを1体ずつバラシて6エリアを支配している状態。攻められればひとたまりもないが、まわりも攻めに行けるほど増えている状態ではないのが救い。

ゲーム・オブ・スローンズ タイレル家

 

ここに来て待望の「召集」イベント発生。薄くなっていた城・要塞エリアに一気にユニットが増えて一安心。ま、周りも増えているわけですが。。。

中盤

ラニスター家、グレイジョイ家の混沌は続く

ここに来てもラニスター家・グレイジョイ家の争いは混とん状態。ラニスター家の飛び地が包囲され殲滅されラニスター家やばいかなと思ったら、後ろからスターク家がグレイジョイ家に襲いかかる。こんどはグレイジョイ家がピンチになるという愉快な展開(他人事)。

Jamesのタイレル家はようやく体制を整えてバラシオン家に襲いかかるべく、国境に攻城兵器を含む主力を展開した。

そこでまさかの展開が。。。。

マーテル家の一閃

マーテル家が、3隻の船でバラシオン家の本拠地「ドラゴンストーン城」のある海域に攻め込んで支配してしまった。続けて船の輸送能力を使って攻城兵器2、騎士1の戦力10で「ドラゴンストーン城」を攻撃。守備側は騎士1のみで、あえなく落城。マーテル家の占領地は5個に。

ゲーム・オブ・スローンズ マーテル家侵攻

 

予想外の展開でバラシオン家の勝利は遠くなり、マーテル家はバラシオン家領付近の海域にいる船3を支援にして、バラシオン家の領地をどんどん狩っていける体制。

これは1戦目に続きRYさんを勝たせてしまうのか。矛先をマーテル家に向けて突撃したいが、主力はマーテル家から遠い位置にいる。

そこでJamesが取った手が、「進軍」3連置き。

このゲーム1カ所ずつ行動を解決していくため、進軍を連ねて置けば1つのユニットが1ターンに複数エリア移動することができるのだ。これにより攻城兵器が3エリア移動し、攻城兵器1騎士2の戦力8でマーテル家に襲いかかることができた。

ゲーム・オブ・スローンズ タイレル侵攻

 

対するマーテル家は騎士1歩兵1の戦力3。

Jamesのアイキャッチ
James
後で考えるとそこまでしなくても勝てたんじゃねと思いましたが、その時はその場のノリで。

で、勝ってエリア奪取と思ったその時に、出てきた家カードが「アリアン・マーテル」。

ゲーム・オブ・スローンズ アリアン・マーテル

防御戦闘で敗北した場合、敵はこのエリアに侵入できない。自分は退却する。

ということで、マーテル家の支配地域は減らしたが、自分の支配地域は増えないというなんともな結果に。いいや次のターンで征服して見せる。

最終ターン

ここで時間切れのため、次のターンを最終ターンとすることに。何としてもこのターン、エリアを確保せねば。

まず、別の部隊で「Starfall」(先ほどの交戦エリア)を占領。しかしこれはおとり部隊。すぐにマーテル家側からの反撃が来て取り戻されるが、ここまでは予想の展開。

ゲーム最後の進軍で先ほどの大部隊が侵攻。しかしここでまた問題が。この前までにマーテル家が家カードを7枚使い切って、使用済みのカードが手札に戻っている。これじゃ勝ってもまたエリアは取れない。

しかしかまわず侵攻。交戦は勝利。相手は当然「アリアン・マーテル」。ここでこちらも切り札を出す。「”花の騎士” サー・ロラス・タイレル」。

ゲーム・オブ・スローンズ ロラス・タイレル

攻撃戦闘に勝利したら、進軍トークンをそのエリアに持ってきて再度アクション出来る。

つまり、勝てば1ターンに2カ所を攻撃できる超強力カード。

そのカードを使って隣の要塞のエリアに行き勝利征服。結果的にマーテル家-2、タイレル家+1。ここでゲーム終了。

ゲーム結果

結果は以下の通り。

順位 支配地域 支配要塞 補給 権力token
スターク家(TM) 4 2 4 5
ラニスター家(TI) 4 2 4 2
タイレル家(James) 4 2 3  

権力トラック数まで見て、スターク家が勝利。勝ったTMさんはしきりに「タナボタ」を強調。

いやー惜しかったですね。ほんとに取ったり取られたり、目まぐるしく緊張感の切れない、本当に楽しいゲームだと思います。

Jamesのアイキャッチ
James
ぜひ再戦したいゲームです。

-プレイ日記
-

Copyright© ジェームズのボドゲ好き , 2020 All Rights Reserved.