ゲーム紹介

【ボードゲーム紹介】アウトリブ -苦しいのが好きな人へ-

 

核戦争後の荒廃した世界、生き残った人々は核シェルターで生活していた。そこへ助けが。

6日間で出来るだけ多くの居住区を建設し、出来るだけ多くの人間を住まわせるようにしなければならない。1番になれなかったシェルターには死の運命が待っている。

ゲームの概要

ゲームではまず指導者を選びます。指導者によって最初のプレイ順番、最初の保持資源、保持装備(壊れてるけど)、ワーカーの開始位置などが決まります。

アウトリブ リーダー

 

また、シェルターに作る部屋を予め選んでおきます。共通の部屋(一般ルーム)が3個あり、個別の部屋(上級ルーム)を4個選んでおきます。

 

ゲームボードには8箇所のエリアがあります。昼フェイズにワーカーを移動させることによりそのエリアのアクションを行うことが出来ます。

  •  基地 1手番:1弾薬を得る。ヨウ素を取る。
  •  森 1手番:1木材を得る。狩をする。
  •  ダム 1手番:1水を得る。(マイクロチップ1個使用要)
  •  岩場 1手番:1金属を得る。狩をする。
  •  遊園地 1手番:1マイクロチップを得る。狩をする。
  •  港 缶詰を得る。人間を1人得る。
  • ⑦,⑧ 都市 装備タイルを得る。探索を行う。

アウトリブ ボード

 

アクションの大半は資源を拾うことです。このゲームでの資源は4タイプあり、「人間」は部屋に配置することにより部屋の機能を使えるようになります。「肉、缶詰、水」はその人間を生かすための資源、「木材、金属、マイクロチップ」は部屋の建設や装備の修理に必要な資源です。「弾薬」は狩に使用したり、威圧しに来た他のプレイヤーに対して使用します。拾う以外のアクションでは、狩をすることにより肉を得ることができます。探索により何らかの資源を拾うことが出来ます。

ターンの始め(朝フェーズ)に資源を補充されると、アクションフェーズ(昼フェーズ)になるわけですが、まずイベントが発生します。これが結構えげつない。

アウトリブ イベント

 

このターンは、「物資不足」っていきなり資源が減ったし。

これ誰かが解決するまでずっと毎ターン効果を発揮してくれやがります。でもすぐに解決する余裕は無いなあ。

昼フェーズのアクションで使用するワーカーは4コマ。このコマはコマに書かれた数字の値だけ手番を行えます。

例えば「5」のワーカーが森で2手番使って2個木材をとり、残り3手番で狩をするというようなことが出来ます。

またこの数字はコマの強さでもあります。

他のプレイヤーの「3」のコマが移動した場所に後から「5」が行くと威圧することが出来ます。相手が2個の弾薬を使って防ぐか、出来ない場合は何か資源を2個奪うことが出来ます。

問題は自分のコマのいるエリアには移動できないということ。例えば、良い獲物が出て狩をしたいけど弾薬が足らない。基地で弾薬を取りたいけどそこに自分のコマがいるので、まずそれを移動させてとかやっていると、先に狩られちゃったりして。。。。

昼フェーズに出来るだけ資源を集めて夜フェーズに出来るだけ自分のシェルターを充実させます。夜フェーズにできるアクションは以下の通りです。

① イベントの除去
資源を消費してイベントを除去し勝利点(SP)を得ます。資源があればやりたけど、最初のころはそんな余裕ないですね。でもほっとくとイベントは毎ターン増えて酷いことに。。
② 食料供給
人間を生存させるのに、肉・缶詰・水などの資源が必要です。足りないとその分人間が死亡。放射能増の処理の前に食料供給があるのは痛いねえ。
③ 放射能
放射能レベルが上がります。エアロックに人間が居ると幾らか緩和されます。最も上まで上がっちゃうとゲームオーバー。②でエアロックの人間を維持できないと痛いことに。
④ 人口増
肉や缶詰を人間に変換できます(なんじゃこりゃ)。肉は日持ちしないから、余っているなら人間に。次死ぬかもしれないけどな。
⑤ 部屋建造
資源を消費して部屋を建築します。ただし作っても人間を満杯まで入れないと、機能も使えないし点も上がらない。でも維持のための食料消費も辛いので、作るとしてもまずは効果の高く維持コストの少ないものから。
⑥ 装備修理
資源を消費して装備を修理します。装備はあまり点にはなりませんが、効果は高いので、早い目に作っておきたいですね。

上記を6ターン実行し勝利点(SP)の最も多いシェルターが救われます。勝利点は、人間の数や、建築済みで満室の部屋、修理済み装備、解決済みイベントなどから得られます。最もポイントが高いのは人間の数なのでとにかく如何に人間を増やして維持するかがカギになります。

感想

非情なイベントや、他プレイヤーから奪ったり、人間も資源として時に見殺しにする、なかなか非道なゲームのようですが、基本拡大生産型のゲームです。

拡大生産型の常として、最初はカツカツであり、他のプレイヤーとのバッティングや凶悪なイベントなどで、なかなか回転させられないと超辛いゲームになってしまう可能性もあります。如何に効率的に力を蓄えていくかが重要であり、効率が悪いとどんどん差が広がってなかなか挽回不可能となります。

とは言え、前半は結構苦しいですが、後半になると装備や部屋の効果を使って結構回りますので最終的には爽快感のあるゲームだと思います。前半のカツカツが苦にならないちょっとマゾ気味のプレイヤー(私とか)には楽しめるゲームかと。

あんまりほめになっていないかな?いやマジ良いゲームですよ。

-ゲーム紹介
-

Copyright© ジェームズのボドゲ好き , 2020 All Rights Reserved.